コンテンツにスキップする

財務相:国交相から中間報告あったが要請はない-日航再建

藤井裕久財務相は27日午前の閣 議後会見で、日本航空の経営再建問題をめぐり「前原誠司国土交通相 から中間報告的なことはあったが、要請ではない」との見解をあらた めて示した。また、鳩山由紀夫首相を交えた23日の会談後も具体的な 協議は行っていないことを明らかにした。

藤井財務相は20日、前原国交相とともに「JAL再生タスクフォ ース」から複数の再建案について聴取。23日には官邸で、前原国交相 から再建策取りまとめの進ちょく状況について説明を受けた。この際、 や菅直人副総理や平野博文官房長官らも同席していた。

藤井財務相はタスクフォースが示した複数案の中に会社更生法を 活用する案があったことを明らかにしたものの、「前原国交相からこれ が一番良い案だというのは一言もない」と述べた。

また、望ましい再建策について「国交省でやっていることに対し、 財政当局は受け身でなければならない」と述べる一方で、「良識ある世 論に応えられる方向で考えなければならない」と指摘。前原国交相と も「認識は一致している」と語った。

再建策の策定時期については「そんな悠長な話ではない」としな がらも、具体的な日程は示さなかった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE