コンテンツにスキップする

英中銀ポーゼン委員:GDP予想外マイナス、インフレ報告に影響ない

イングランド銀行(英中央銀行) 金融政策委員会(MPC)のアダム・ポーゼン委員は26日、2009年 7-9月(第3四半期)の英国の国内総生産(GDP)が予想に反し てマイナスとなったことについて、中銀が11月の四半期インフレ報告 で示す見通しに影響しないとの見解を明らかにした。

ロンドンで行った講演後の質疑応答で語った。同委員はまた、リ セッション(景気後退)からの脱却という点で、英国は他の国よりも 1四半期遅れている可能性があるものの、景気回復の兆候は表れてい ると述べた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 松井 玲 Akira Matsui +81-3-3201-7540 Akmatsui@bloomberg.net Editor: Ryoji Uchida 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Brian Swint at +44-20-7073-3444 or bswint@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE