コンテンツにスキップする

日本郵船:今期予想は赤字拡大、純損失270億円-中計修正

日本郵船は27日、今期(2010 年3月期)連結業績予想を下方修正し、純損失は従来の50億円から 270億円の見通しとした。物流事業の取扱量や運賃市況の回復が遅れて いるほか、燃料油価格上昇といった費用増などが主因。

09年4-9月期連結の純損失は294億円になった。前年同期は 913億円の黒字だった。また、7-9月期の純損失は104億円で、前 年同期は469億円の黒字だった。

さらに、日本郵船は27日、10年度を最終年度とする中期経営計 画を修正すると発表した。10年度の純利益予想を従来の600億円から 200億円に、また10年度末の運航船舶隻数を同1000隻から835隻に それぞれ見直す。

--取材協力:小松哲也 Editor:Hideki Asai、Noriko Tsutsumi

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 萩原ゆき Yuki Hagiwara +81-3-3201-3384 yhagiwara1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +813-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 Bret Okeson +81-3-3201-8335 bokeson@bloomberg.net

日本市場 NI JMALL 企業ニュース JBN18, NI COS, NI KIGYO 決算 NI ERN、 JBN19、 NI KESSAN、 NI JER

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE