コンテンツにスキップする

AIGめぐるNY連銀の不透明な「決定」-納税者には負担が残された

昨年11月、ニューヨーク連銀は 経営が悪化した保険会社アメリカン・インターナショナル・グループ (AIG)が計10社以上の大手銀行や投資会社に対して支払い義務 を負っていた620億ドル(現在のレートで約5兆7090億円)の処理 方法を話し合うため、会議を重ねていた。当時、同連銀の総裁を務め ていたのはガイトナー財務長官だった。

この支払いは、AIGが金融機関に販売したクレジット・デフォ ルト・スワップ(CDS)に関連したもの。保険の役割を果たすこの CDSを、金融機関は住宅ローン担保証券(MBS)のデフォルト(債 務不履行)に備えて購入していたが、MBSの価値は下がり、一部は 実際にデフォルト状態に陥っていた。

その2カ月前の昨年9月、ニューヨーク連銀はAIGの株式のほ ぼ80%と引き換えに850億ドルの融資を提供することで合意。同社 を事実上の公的管理下に置いていた。

AIGから金融機関との交渉を引き継いだニューヨーク連銀は、 同社にCDS関連の額面1ドル当たり100セントの全額支払いを指 示した。事情に詳しい複数の関係者によると、AIGはそれまで最低 で60セントの支払いを軸に交渉を進めていたという。協議の内容は 一切公表されていない。

ニューヨーク連銀が下したこの全額支払いの決定は、AIGひい ては米国の納税者にとって、少なくとも130億ドルの新たな負担とな った。AIGがCDS関連で支払った325億ドルの4割に相当する額 だ。

AIGの契約相手は、米ゴールドマン・サックス・グループやメ リルリンチ、仏ソシエテ・ジェネラル、ドイツ銀行など。ゴールドマ ンにはAIGの救済前の時期を含めて140億ドル余りが支払われた が、この支払い額にはニューヨーク連銀の決定も影響した。

ゴールドマン元会長

決定が下された時にニューヨーク連銀の理事長を務めていたのは、 ゴールドマンの元会長スティーブン・フリードマン氏(71)だった。 同氏は今年5月に理事長を退任。AIGが公的管理下に置かれた後に 同氏が5万株余りのゴールドマン株を購入したと米紙ウォールストリ ート・ジャーナル(WSJ)が報じた数日後のことだ。購入時期はC DSで全額返済が明らかになった今年3月よりも前だったという。

現在もゴールドマンの取締役を務めるフリードマン氏は、今回の 記事に関するコメントを差し控えた。同社の広報担当マイケル・デュ バリー氏もコメントを控えている。

AIGはソシエテ・ジェネラルに165億ドル、ドイツ銀行に85 億ドル、メリルリンチに62億ドルをそれぞれ支払った。AIGがこ れまでに受けた公的支援は計1823億ドルに上る。

ニューヨーク連銀は、地区連銀12行のうちの1行。同行の任務 の1つは、ニューヨーク地域の金融機関の監督。連銀の理事会に直接 的な監督権限はなく、地域経済に関して助言する。

巨額の浪費

金融コンサルティング会社タバコリ・ストラクチャード・ファイ ナンス(シカゴ)の創業者ジャネット・タバコリ氏は、米政府は、A IG救済に伴い巨額資金を浪費したと指摘。「決して全額支払うべきで はなかった。AIGは基本的に破たんしていた」との見方を示した。

金融調査会社グレーディエント・アナリティクスのドン・ビック レー氏も、CDS関連でAIGが金融機関に支払った金額は、それを 販売した同社のデリバティブ(金融派生商品)部門の従業員に支払わ れたボーナス(賞与)をはるかに上回ったと指摘。「こうしたケースで は、額面1ドルにつき50-70セントを支払うのが常だ」とみている。

事情に詳しい関係者1人によると、全額返済された理由の一つに は、CDSの契約相手の一部から全額支払いを要求され、ニューヨー ク連銀が個々の交渉に消極的だったためだという。

情報公開法

コンサルティング会社テンパス・アドバイザーズ(コネティカッ ト州)のエドワード・グレベック最高経営責任者(CEO)は、米政 府による最も深刻な不当行為は、手続きが公開されなかったことにあ ると指摘。「許されることではない。誰もが交渉のやり取りについて知 る権利がある。このような救済措置が密室で決められてはならない」 と述べた。同CEOはニューヨーク大学でCDSの授業を担当してい る。

ニューヨーク連銀による協議の内容は公開されていない。AIG の契約相手の具体名も、クリストファー・ドッド上院議員(民主、コ ネティカット州)の要求があった今年3月まで非公開だった。

ブルームバーグ・ニュースは、米情報公開法(FOIA)に基づ き、AIGによる金融機関への支払いに関連した資料の公表を求めた。 10月下旬現在、申請に対する決定は下されていない。

(英語原文は「ブルームバーグ・マーケッツ」誌12月号に掲載)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE