コンテンツにスキップする

サンリツ株が大幅反落、輸出企業の貨物取扱量が大幅減-利益急減へ

電子・通信機器の梱包・輸送サー ビスを手がけるサンリツの株価が急落。貨物取扱量が大幅に減少してお り、今期(2010年3月期)の業績予想を大幅下方修正すると26日に発 表した。収益環境の厳しさを嫌気した売りに押され、株価は前日比 12%安の542円と、5月25日以来約5カ月ぶりの安値を更新した。

今期の連結最終利益は従来予想比78%減の9000万円を見込む。発 表資料によると、企業の在庫調整や生産調整は依然として続いており、 国際物流分野を中心に取引先輸出企業の貨物取扱量が大幅に減少した。 投資有価証券評価損など特別損失の計上も響いた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE