コンテンツにスキップする

米国の新聞発行部数:4-9月に減少幅拡大-購読料金の値上げ響く

米国では4-9月の新聞発行部 数が一段と落ち込んだ。広告収入の低迷に対応するため、各社が購読 料金や売店での販売価格を引き上げたことが響いた。

オーディット・ビューロー・オブ・サーキュレーションズ(AB C)が26日公表したデータによれば、379紙の1日当たりの発行部数 は平均3040万部と前年同期比11%減少した。今年3月までの6カ月 間は7.1%の減少だった。

ノーブル・ファイナンシャル・グループのアナリスト、マイケル・ クピンスキ氏はインタビューで、「特にウェブサイトを有料化してい ない企業にとって、新聞発行収入の重要性が一段と増している」と指 摘した。

ABCのニール・ルロフス氏によると、米ニューズ・コープ傘下 のウォールストリート・ジャーナル(WSJ)の発行部数は、有料ウ ェブサイトの閲覧契約者が増えたことで0.6%増加したが、新聞購読 者のみでは2.4%の減少だった。ニューヨーク・タイムズは7.3%減の 92万7851部と、1985年以来初めて平均で100万部を割り込んだ。こ のほか、ガネット傘下のUSAトゥデーは17%、トリビューンのロザ ンゼルス・タイムズは11%、ワシントン・ポストは6.4%それぞれ減 少した。

各社は発行部数を新聞の広告料金設定の目安にしている。ガネッ トやマクラッチーが今月発表した7-9月(第3四半期)の広告収入 は減少したが、落ち込み幅は1-6月(上期)に比べて縮小した。米 国新聞協会(NAA)によれば、業界全体の上期の広告収入は29%減 少した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE