コンテンツにスキップする

債券は軟調、国債増発懸念で売り優勢-長期金利2カ月半ぶり1.4%台

債券相場は軟調(利回りは上昇)。 国債増発に伴う需給懸念が根強く、午前は株安に支えられた相場は午後 にかけて売りに押される展開となった。新発10年国債利回りは、午後 の遅い時間に約2カ月半ぶりとなる1.4%台に上昇した。

モルガン・スタンレー証券債券ストラテジストの福田範行氏は、 「しばらく財政懸念が払しょくされない。午前は米国債の下落にもかか わらず、株安で買いが入ったが続かなかった。菅直人副総理・国家戦略 相の発言が伝わったが、民主党政権の財政政策の管理能力が問われてい ると思う」と語った。

菅副総理・国家戦略相は27日の会見で、長期金利の上昇傾向につ いて、新政権の「財政規律があいまいで、それが金利上昇につながって いるとは思わない」とした上で、米国や中国を含めた世界経済全体の回 復を「マーケットがこういう形で判断したのだろう」と発言した。

新政権での来年度概算要求が過去最大の95兆円超に膨らむなど、 今後の国債需給の悪化懸念は根強い。藤井裕久財務相は来年度予算編成 の過程で国債発行額を今年度の44.1兆円以下に抑えると繰り返し発言 している。しかし、モルガン・スタンレー証の福田氏は、「守れなかっ たら、日本売りになりかねない」と懸念する。

10年債利回りは1.400%

現物市場で新発10年物の304回債利回りは、前日比0.5ベーシス ポイント(bp)低い1.385%で始まった。その後は徐々に水準を切り上げ てしばらく1.395%で推移した。午後の遅い時間には1bp高い1.40%と 新発10年債利回りとして、8月13日以来の1.4%台に乗せた。午後4 時27分現在では1.40%で取引されている。

市場では、新発10年債利回りの1.4%付近では投資家からの買い が入ると期待されている。三菱UFJ証の稲留氏によると、「大手銀行 は9月に大きく買い越した反動で売りに動いたが、市場では今後も持ち 高を圧縮するとはみられていない。金利水準からはそろそろ買いが入る との見通しが売り圧力を緩和させている」という。

超長期債はしっかり。新発20年債利回りは0.5bp低い2.14%、新 発30年債利回りは1bp低い2.285%で推移している。

先物は8月以来の安値更新

東京先物市場の中心限月12月物は前日比8銭安い137円91銭で始 まった後、徐々に買いが優勢となり、一時は12銭高の138円11銭まで 上昇した。その後は再び売りが優勢となり、午後に入ると137円82銭 まで下落し、前日に続いて、中心限月ベースで8月14日以来の安値を つけた。結局は13銭安の137円86銭で終了した。

午前の先物相場は、日経平均株価がじり安に推移したことが支援材 料となっていた。しかし、午後に株価が一時下げ渋ると、再び債券売り が優勢となった。三菱UFJ証券債券ストラテジストの稲留克俊氏は、 「午前の債券先物は株安に支えられていたが、午後に株安の勢いが鈍っ たことで戻り売りが出た。米債相場が下げ歩調をたどっていることも、 円債の上値を抑える要因」と説明した。

あす2年債入札、クーポンは0.3%か

財務省はあす28日、2年利付国債(11月債)価格競争入札を実施 する。表面利率(クーポン)は前回9月29日入札の285回債に比べて

0.1ポイント高い0.3%が予想されている。発行額は前回と同じ2兆 4000億円程度。

日銀が30日に開催する金融政策決定会合では、企業金融支援特別 オペの打ち切りが決まる可能性があるとの観測が出ている。短期ゾーン の金利上昇要因となるが、日銀が異例の措置の一部を解除しても、政策 金利の引き上げなど本格的な「出口政策」は当分、検討しない方針との 見方が浸透しており、2年債入札に対する過度な警戒感は出ていない。

新発2年債利回りは今週に入って水準を切り上げ、26日には7月 以来の高水準となる0.285%まで上昇した。クレディ・スイス証券債券 ストラテジストの福永顕人氏は、「持ち高調整が進行して一段と変動率 が上昇し、それに従って金利がさらに上昇すれば、絶好の押し目買いの 機会となりそうであるが、そのタイミングはあすの入札ではないだろ う」と分析、短期的には慎重スタンスを示している。

--取材協力:赤間信行 Editors:Hidenori Yamanaka, Hidekiyo Sakihama

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 池田祐美 Yumi Ikeda +81-3-3201-2490 yikeda4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Rocky Swift +81-3-3201-2078 or rswift5@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE