コンテンツにスキップする

キリンHD:国内SB総額1000億円発行へ-29日に条件決定

キリンホールディングスが発行 を予定している国内普通社債(SB)の発行総額が1000億円に固まっ た。3年債200億円、5年債300億円、10年債500億円の3本建て、 29日に条件決定し募集を行う予定だ。事情に詳しい複数の関係者が明 らかにした。

利回りの国債金利へのスプレッド(金利上乗せ幅)は、それぞれ +18bp、+18bp、+24bpとなる見通し。

主幹事は3本とも、三菱UFJ証券(事務)、野村証券、大和証 券SMBCが務める。格付けは、ムーディーズがA2、格付投資情報セ ンター(R&I)はAA-としている。同社の起債は、08年3月の4 本建て総額2000億円以来1年半ぶりとなる。

ムーディーズは21日、キリンHDをAa3からA2へと2段階格 下げした。格付けの見通しは「安定的」とした。

キリンHD・IR室の阿部奈穂子氏は社債発行について、「情報が 公開されるまで、コメントは控える」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE