コンテンツにスキップする

ロンドン外為:円、対ドル・ユーロで上昇-株安でリスク意欲が後退

27日午前のロンドン外国為替市場 では、円がドルとユーロに対して上昇。株式相場の下落を背景に、高 金利通貨に対する需要が後退し、円買いが促された。

円は韓国ウォンとスウェーデン・クローナに対し大幅高となった。 先進国の銘柄で構成されるMSCI世界指数が6営業日続落したこと が手掛かり。ドルは対ユーロで26日に8月以降で最大の値上がりとな ったが、この日は前日からほぼ変わらずとなっている。

円の対ユーロ相場はロンドン時間午前8時55分(日本時間午後5 時55分)現在、1ユーロ=136円80銭で推移。ニューヨーク時間前 日は137円10銭だった。対ドルでは1ドル=91円91銭(前日は92 円19銭)で取引されている。

一方、ドルはユーロに対し1ユーロ=1.4879ドル(同1.4876ド ル)となっている。26日は0.9%上昇し、8月7日以来で最大の上げ となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE