コンテンツにスキップする

独コメルツ銀:ドル安トレンドの終了宣言は時期尚早-圧力継続へ

ドイツのコメルツ銀行によれ ば、ドル相場が26日に上昇したことを、ドルの下落トレンドが終了 したシグナルとは考えにくい。

フランクフルト在勤のウルリヒ・ロイヒトマン氏氏率いるストラ テジストらは27日付のリポートで、「これをドル下落の終わりと呼 ぶのは恐らく時期尚早だろう。低金利と、その結果であるキャリー取 引での調達通貨としての人気を理由に、ドルへの下押し圧力は続いて いる」と分析した。

ロンドン時間午前8時32分(日本時間午後5時32分)現在、 ドルの対ユーロ相場は1ユーロ=1.4891ドルと、前日の1.4876ド ルを下回っている。26日には前日比0.9%上昇した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ロンドン 藤森英明 Hideharu Fujimori +44-20-7673-2178 hfujimori@bloomberg.net Editor: Akiyo Kinoshita 記事に関する記者への問い合わせ先: Justin Carrigan in London at +44-20-7673-2502 or jcarrigan@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Justin Carrigan in London at +44-20-7673-2502 or jcarrigan@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE