コンテンツにスキップする

米ハーバード・メディカルスクールが警備強化-コーヒー毒物混入で

米ハーバード・メディカルスクー ルは8月26日に研究者6人が毒性のアジ化ナトリウムが混入したコ ーヒーを飲んで不調を訴えた報告を受け、研究棟の警備を強化してい る。

メディカルスクールの広報担当者デービッド・キャメロン氏は26 日に電話取材に応じ、「状況を注視している」と述べ、閉回路テレビ監 視カメラの増設を進めていると説明。「われわれは研究者の業務に支障 が出ないようにする必要がある」と語った。

ボストン・ヘラルド紙が毒物混入に関する同大の機密報告書を基 に伝えたところによると、6人の研究者は全員、ニュー・リサーチ・ ビルディングにあった同じコーヒーメーカーで作られたコーヒーを飲 み、低血圧や目まいなどの症状を訴え入院したという。キャメロン氏 は報道内容を確認した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE