コンテンツにスキップする

米資産運用会社レッグ・メイソン:資産家のペルツ氏を取締役に指名

米資産運用会社のレッグ・メイ ソンは26日、資産家のネルソン・ペルツ氏が取締役に指名されたと 発表した。同社は8四半期連続で運用資産の純減が続いている。

ペルツ氏は、昨年の英キャドバリーによるドクターペッパー・ス ナップル・グループのスピンオフ(分離・独立)に関与しており、物 言う株主として知られる人物。レッグ・メイソンの26日の発表資料 によると、ペルツ氏はニューヨークに本拠を置くヘッジファンドのト ライアンを通じてレッグ・メイソンへの出資比率を約4.3%と、6月 末時点の2.1%から倍増させている。

パリ・キャピタルのアナリスト、ダグ・シプキン氏はインタビュ ーに答え、「経営陣にやんわりとプレッシャーがかかることは確実だ」 と述べ、「株主にとっては、企業価値を引き出そうとした実績のある 人物が取締役会に入るのは朗報だ」と語った。

ペルツ氏(67)は出資先企業に経費削減やライバルとの合併な どを通じて企業価値の向上を求めることで有名で、ファストフード・ チェーンのウェンディーズ・インターナショナルやケチャップメーカ ーで世界最大手のH.J.ハインツに経営改革を迫った実績がある。 米誌フォーブスの推定によると、同氏の純資産は11億ドル(約1015 億円)。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE