コンテンツにスキップする

米住宅市場、正常化への道のりは困難-SF連銀シニアエコノミスト

米サンフランシスコ連銀のシニ アエコノミスト、ジョン・クレーナー氏は、米住宅市場について、政 府支援機関(GSE)が住宅ローンの大半を保有ないし保証している 現状では、正常化への道のりは「困難」に直面せざるを得ないとの認 識を明らかにした。

クレーナー氏は26日公表した調査報告で、「ファニーメイ(連邦 住宅抵当金庫)とフレディマック(連邦住宅貸付抵当公社)、ジニー メイ(連邦政府抵当金庫)はい現在、組成された住宅ローンの保有な いし保証で圧倒的なシェアを占めている」と説明。「その一方で、非 GSE住宅ローン証券や、金融機関のポートフォリオに残るローン債 権はおおむねなくなった」と指摘した。

米国が過去70年で最悪のリセッション(景気後退)から脱却し始 める中、サンフランシスコ連銀のエコノミストが考える米経済の難題 を、調査報告はあらためて浮き彫りにした。連銀の調査担当アソシエ ートディレクター、グレン・ルードブッシュ氏は別の報告で、米国の リセッションは「ほぼ確実」に終了しているものの、早期に完全雇用 の状態に戻る可能性は低いとの見解を示した。

米政府は昨年9月、住宅ローンのデフォルト(債務不履行)によ って立ち行かなくなる恐れがあったファニーメイとフレディマックを 公的管理下に置いた。財務省は両社の事業を存続させるため、最大 4000億ドル規模の緊急資金枠を設定した。

クレーナー氏は「現在の住宅ローンの大部分にGSEが何らかの 形で介在しており、住宅市場の正常化への道のりは困難なものになる だろう」と述べた。

-- Editors: James Tyson, Christopher Wellisz

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor: Ryoji Uchida 記事に関する記者への問い合わせ先: Vivien Lou Chen in San Francisco at +1-415-617-7078 or vchen1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Christopher Wellisz at +1-202-624-1862 or cwellisz@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE