コンテンツにスキップする

英大手銀行、情報開示の規制強化に合意-09年通期決算発表に適用へ

英金融サービス機構(FSA) は26日、国内の大手銀行が情報開示規制の「強化」に合意したことを 明らかにした。投資家からの信頼感向上を目指した措置。

FSAは声明で、英国に拠点を置く主要銀行が2009年通期決算 を発表する際に新規制を適用すると発表した。バークレイズやHSB Cホールディングス、ロイズ・バンキング・グループ、ロイヤル・バ ンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)などの銀行と協議 したという。

FSAのターナー長官やモルガン・スタンレー・インターナショ ナルのデービッド・ウォーカー元会長が別の調査で、投資家が企業に 対して質問するための情報不足を指摘したことを受け、FSAは情報 開示の質を高めることに取り組んでいる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE