コンテンツにスキップする

タタ・モーターズ:7-9月純利益は2倍増、トラックやナノが好調

インド最大のトラックメーカ ー、タタ・モーターズが26日発表した2009年7-9月(第2四半 期)決算は、純利益が前年同期から2倍以上増加した。国内景気を背 景にトラックの売り上げが伸びたほか、販売価格2500ドルの低価格 車「ナノ」投入で需要を喚起した。

発表資料によれば、純利益は72億9000万ルピーと、前年同期 の34億7000万ルピーから増加。ブルームバーグがまとめたアナリ スト9人の予想中央値では43億2000万ルピーが見込まれていた。

自動車ローン金利の低下や政府の景気刺激策により需要が喚起さ れたことを受け、タタの乗用車販売台数は増加した。世界で最も安い 乗用車であるナノを7月に販売開始したことも、世界的なリセッショ ン(景気後退)の悪影響を回避するのに役立った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE