コンテンツにスキップする

インド株(終了):センセックス指数は反落-中銀会合控え銀行株安い

インド株式市場では、指標の センセックス30種株価指数が反落。インド準備銀行(RBI、中 央銀行)の政策決定会合を27日に控え、インドステイト銀行など の銀行株が売られた。

インド最大手のステイト銀は2.1%下げた。景気回復の弱さを 示す指標やインフレ加速の兆しが見られる中で、RBIの政策会合 は開かれる。一方、国内最大のたばこ会社、ITCは1.7%上げた。 クレディ・スイス・グループが「力強い」第2四半期業績を理由に、 同社株の投資判断を「中立」から「アウトパフォーム」に引き上げ たことが買いを誘った。

ボンベイ証券取引所のセンセックス指数は前週末比70.31ポ イント(0.4%)安の16740.50で引けた。この日の取引は方向感 の定まらない動きに終始した。

ステイト銀(SBIN IN)の終値は2305.50ルピー、国内2位 の銀行、ICICI銀行(ICICIBC IN)は1.4%安の890.85ル ピー。ITC(ITC IN)は264.70ルピーで取引を終えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE