コンテンツにスキップする

11月のGfK独消費者信頼感指数は4.0、予想に反し約1年ぶりの低下

民間調査会社GfKが26日発 表した11月のドイツ消費者信頼感指数(速報値)は4.0となり、 10月改定値の4.2から低下した。景気回復の兆しがみられるもの の、エネルギー価格の値上がりと失業増加が購買力を減退させると の懸念が勝り、予想に反して2008年9月以降で初の低下となった。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト24人の予 想の中央値では、4.5への上昇が見込まれていた。10月の指数は速 報値の4.3から下方修正された。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE