コンテンツにスキップする

モンゴル:バヤル首相、健康悪化で辞意表明-首相代行指名へ

モンゴルのサンジャー・バヤル 首相は26日、健康悪化を理由に辞任を申し出た。外務省報道官が明 らかにした。

バヤル首相は同日朝の閣議で辞意を表明。これを受けて政府は今 夕に首相代行を指名する見通し。

バヤル氏は53歳。先月、肝炎で韓国の病院に入院して治療を受 けていた。これによって、アイバンホー・マインズのオユ・トルゴイ 銅・金鉱床プロジェクト開発契約の調印が延期されていた。

--Eugene Tang. Editor: John Brinsley, Michael Forsythe

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 淡路毅 Takeshi Awaji +81-3-3201-2107 tawaji@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Eugene Tang in Ulaanbaatar on +8610-6649-7577 or eugenetang@bloomberg.net; 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Bruce Grant in Hong Kong on +852-2977-6654 or bruceg@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE