コンテンツにスキップする

アジア株:上昇-豊田自動織機の黒字、韓国の7年ぶり高成長を好感

26日のアジア株式相場は、自 動車株や消費関連株がけん引する形で上昇。豊田自動織機の利益が予 想外の黒字となったもようのほか、韓国の2009年7-9月(第3四 半期)の国内総生産(GDP)が約7年ぶりの高い伸びとなったこと が材料になった。

豊田自動織機は7.4%高。韓国の起亜自動車は、クレディ・スイ ス・グループによる投資判断引き上げを手掛かりに1.9%上昇。百貨 店大手の韓国のロッテショッピングは1.6%高。7-9月(第3四半 期)決算が前年同期比19%増益となったことを受けて買われた。

T&Dアセットマネジメントの天野尚一運用統括部長は、「必死 の経営努力で日本企業の固定費負担が軽減されており、採算ラインが 下がっている。こうした結果が収益に表れてくるだろう」と話してい る。

MSCIアジア太平洋指数は、日本時間午後3時14分現在、前 週末比0.4%高の119.99。日経平均株価は同79円63銭 (0.8%)高の1万362円62銭で取引を終えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE