コンテンツにスキップする

影の英財務相:今年の銀行ボーナス、現金でなく株式で支給を

英国の最大野党である保守党の 「影の財務相」を務めるジョージ・オズボーン下院議員は26日の講演 で、米国の手本にならい、英国の金融機関に今年のボーナスを現金で なく確実に株式で支給させるよう政府に対応を迫る。

同議員はロンドンで行うエコノミスト向けの講演で、公的支援を 受けたリテールバンクに対し、ボーナスの原資を英国の消費者や企業 向けの新規融資に回すよう訴える。

オズボーン議員の事務所が事前配布した講演テキストの抜粋によ れば、同議員は「ボーナスの原資は、新規融資を促進するための資金 として金融機関のバランスシートではっきりと位置付けられるべき だ」と指摘。「金融機関が今年、上級社員にボーナスを支給したいと 望む場合には、そうしたボーナスは新たなエクイティキャピタル、つ まり自社株の形で支払うべきだ」と強調する。

英政府が昨年、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グルー プ(RBS)やロイズ・バンキング・グループなど金融機関の包括的 な救済策を取りまとめたのを受けて、英議員らは与野党を問わず、金 融機関に対して、社員に支払うボーナスの抑制を求めている。オズボ ーン議員は、経営幹部向けの現金ボーナスの制限を政府の支援継続の 条件とすべきだと話す予定だ。

議員事務所によれば、同議員はダーリング英財務相と英金融サー ビス機構(FSA)に対し、この目標を達成するため力を合わせるよ う要請する意向だという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE