コンテンツにスキップする

ADB総裁:中国、日本など為替政策の協調で真剣な議論を-英FT

26日付の英紙フィナンシャル・タイ ムズ(FT)によると、アジア開発銀行(ADB)の黒田東彦総裁は中 国や日本などアジア諸国が為替政策の協調で真剣な議論を交わすべきだ との考えを示した。同総裁は為替の変動が同地域の緊張を強め、貿易を 阻害する恐れがあると指摘したという。同紙によると、鳩山由紀夫首相 はこの問題について、アジアの一部の指導者と非公式に話した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE