コンテンツにスキップする

グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市 場の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

26日の香港株式市場は重陽節の祝日のため休場。取引は27日 に再開される。

【中国株式市況】

中国株式相場は続伸。原油価格の下落を材料に航空株が買われ、 資源関連株の下落分を埋めた。

中国南方航空(600029 CH)と中国東方航空(600115 CH)は ともに1%を超える上昇。石炭会社のエン州煤炭(600188 CH)は

3.3%高。オーストラリアの同業フェリックス・リソーシズ買収で豪 当局の承認を得たことが手掛かり。中国人寿保険(601628CH)は、 この日の2009年7-9月(第3四半期)決算発表を控え、3.9%高 となった。中国の石油最大手ペトロチャイナ(中国石油、601857 CH)は0.8%安だった。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動す る上海総合指数は、前週末比1.72ポイント(0.1%)高の

3109.57。上海、深セン両証取のA株に連動するCSI300指数は

3414.24で、ほぼ変わらず。

AXA・SPDBインベストメント・マネジャーズの最高投資責 任者(CIO)、フィリップ・チャン氏(上海在勤)は、「恐らくレ ンジ内での取引が続くだろう」と述べた。

【インド株式市況】

インド株式市場では、指標のセンセックス30種株価指数が反落。 インド準備銀行(RBI、中央銀行)の政策決定会合を27日に控え、 インドステイト銀行などの銀行株が売られた。

インド最大手のステイト銀は2.1%下げた。景気回復の弱さを示 す指標やインフレ加速の兆しが見られる中で、RBIの政策会合は開 かれる。一方、国内最大のたばこ会社、ITCは1.7%上げた。クレ ディ・スイス・グループが「力強い」第2四半期業績を理由に、同社 株の投資判断を「中立」から「アウトパフォーム」に引き上げたこと が買いを誘った。

ボンベイ証券取引所のセンセックス指数は前週末比70.31ポイ ント(0.4%)安の16740.50で引けた。この日の取引は方向感の定 まらない動きに終始した。

ステイト銀(SBIN IN)の終値は2305.50ルピー、国内2位の 銀行、ICICI銀行(ICICIBC IN)は1.4%安の890.85ルピ ー。ITC(ITC IN)は264.70ルピーで取引を終えた。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前週末比29.1ポイント(0.6%)安の

4830.3。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前週末比16.94ポイント(1%)高の

1657.11。

【台湾株式市況】

加権指数は前週末比19.12ポイント(0.3%)高の7668.40。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前週末比1.28ポイント(0.1%)高の2716.62。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサマレーシアKLCI指数は前週末比7.18ポイ ント(0.6%)安の1259.92。

【タイ株式市況】

SET指数は前営業日比3.07ポイント(0.4%)高の711.83。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前週末比0.23ポイント安の2467.71。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前週末比8.54ポイント(0.3%)高の

2941.53。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE