コンテンツにスキップする

米ガソリン価格:1ガロン=2.66ドルに上昇-ランドバーグ調査

米民間調査会社ランドバーグが全 米の給油所5000カ所を対象に実施した調査によると、米国のレギュラ ーガソリンの平均小売価格はガロン当たり2.66ドルに上昇した。原油 とガソリンの先物相場高が背景。

独立系石油業界アナリスト、トリルビー・ランドバーグ氏の調査 によれば、レギュラーガソリンの平均小売価格は10月23日までの2 週間に17.82セント上昇した。この2カ月で初めて値上がりに転じた という。

ランドバーグ氏は25日のインタビューで、「要因は原油相場高以 外の何物でもない」と指摘。「特に石油精製会社、それに小売業者の利 益率が縮小した」と語った。

原油先物相場は、ドル相場が対ユーロで弱含み、商品への投資妙 味が増していることから上昇している。供給は十分で、米エネルギー 省によれば、16日終了週のガソリン在庫は過去5年間の平均を3.3% 上回った。

-- Editors: Joe Link, David Marino

--*

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Barbara J. Powell in Dallas at +1-214-954-9457 or bpowell4@bloomberg.net; Jim Polson in New York at +1-212-617-5293 or jpolson@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Dan Stets at +1-212-617-4403 or dstets@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE