コンテンツにスキップする

最も読まれた日本語記事(前週)-首位は「パリバ日本代表退任」

前週(10月18日-24日)に最も 読まれたブルームバーグ・ニュースの日本語記事上位10本は次の通り。 {JREAD}画面に基づき25日夕刻時点で集計(番号をクリックすると記事 が表示されます)。

1.BNPパリバ:安田・日本代表が退任、金融庁は業務停止を命令 2.日本郵政社長に斎藤・元大蔵事務次官-「脱官僚」の看板に批判 3.ヘッジファンド最大のインサイダー取引、富豪CEOの先見性 4.日本株は海外要因に振られ下落、金融関連や中国関連が安い 5.米マリナーズ城島退団、残り2年の契約解除し日本球界へ-AP 6.ニューヨーク連続首位、東京は4位-世界の都市総合力ランキング 7.【経済コラム】金融バーテンダーよ、閉店告げる時間だ-ペセック 8.日経平均1カ月ぶり高値、商品高受けて資源株が上昇-上値は重い 9.ロンドンの金融界、「40歳はバンカーの定年」-女性には厳しい 10.米国株:続落、ウェルズの投資判断下げで反転-金融株が安い

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE