コンテンツにスキップする

NY原油(23日):続落、株安やドル反発でインフレヘッジ需要減退

ニューヨーク原油相場は続落。 株式相場が下げたほか、ドルがユーロに対して値上がりしたのが背 景。

この日の原油は最大1.7%下落した。企業決算が投資家の失望を 誘い米国株が下落。英国の7-9月(第3四半期)国内総生産(G DP)が予想に反して減少。米ドルに買いが集まり、インフレヘッ ジとしての商品需要が減退した。

シティ・フューチャーズ・パースペクティブ(ニューヨーク) のエネルギーアナリスト、ティム・エバンス氏は「ドルがやや堅調 に推移し、S&P500種株価指数は下落している。この両方が原油 を押し下げる材料だった。このほかにもファンダメンタルズ(経済 の基礎的諸条件)が材料視された。英国のGDPが投資家の失望を 誘った」と語った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物12月限は前 日比0.69ドル(0.85%)安の1バレル=80.50ドルで終えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE