コンテンツにスキップする

欧州債(23日):独10年債中心に下落、経済指標の改善で売り

欧州債市場ではドイツ10年債 が週間ベースで3週連続で下落。10月のユーロ圏景気総合指数(速 報値)が22カ月ぶり高水準に上昇し、景気回復の新たな兆候が示さ れたことが背景。

独10年債利回りは1カ月ぶりの高水準となった。同国のIfo 経済研究所が発表した10月の独企業景況感指数は13カ月ぶりの高 水準に上昇。投資家の間では、欧州中央銀行(ECB)が来年早々に も利上げに踏み切るとの観測が高まっている。

野村インターナショナルの欧州金利戦略責任者、チャールズ・デ ィーベル氏(ロンドン在勤)は、「国債の値動きは非常に荒く、短期的 な要因に基づいている」と述べた。

ロンドン時間午後5時現在、独10年債利回りは前日比5ベーシ スポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の3.35%。一時は9月24 日以来の高水準となる同3.36%を付ける場面もあった。同国債(表 面利率3.5%、2019年7月償還)価格は0.38ポイント下げ101.21。 2年債利回りは2bp上昇の1.39%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE