コンテンツにスキップする

コーンFRB副議長:悪影響を与えない企業閉鎖の方法検討を

コーン米連邦準備制度理事会 (FRB)副議長は23日、ボストン連銀が主催したパネルディス カッションに出席、銀行監督当局が金融リスクを認識し、国際市場 に悪影響を与えず苦境に陥った金融機関を閉鎖する方策を検討する 必要があると述べた。

同副議長は、「各国の銀行に影響を与えるグローバルリスクを 認識する必要がある。明らかな問題として、まず国境を越えた投融 資が挙げられる」と述べた。

コーン副議長は、大手金融機関の閉鎖が世界に及ぼす影響を防 ぐための「共通認識」はまだないと指摘した上で、システム維持のた め欠かせない重要企業の構造簡素化が、その破たん処理円滑化へ向け て、監督当局が検討できる有力な選択肢の一つだと述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE