コンテンツにスキップする

英国債(23日):上昇、GDP統計で利上げ観測後退-2年債0.89%

英国債相場は上昇。英経済が 7-9月(第3四半期)にリセッション(景気後退)から脱却できな かったことを受け、利上げ観測が後退したことが背景にある。

英政府統計局(ONS)が23日発表した7-9月期の国内総生 産(GDP)は前期比0.4%減となった。エコノミスト予想では

0.2%増が見込まれていた。

RIAキャピタル・マーケッツの債券ストラテジスト、ニコラ ス・スタメンコビッチ氏は、GDP統計が「国債の買い戻しにつながっ た。多数の投資家がプラス成長を見込んだ持ち高を形成していたが、マ イナス成長だったことから国債相場は上昇に転じた」と説明した。

2年債利回りは前日比5ベーシスポイント(bp、1bp=

0.01%)低下の0.89%。10年債利回りは3.67%と、前日から4 bp下げた。利上げ観測が後退し、金利先物3月限は7bp低下し

0.84%となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE