コンテンツにスキップする

ECBノボトニー氏:中国政府の為替市場介入がユーロに影響

欧州中央銀行(ECB)の政策 委員会メンバー、ノボトニー・オーストリア中銀総裁は23日、外為 市場への中国の介入がユーロ相場に影響を与えているとの見解を示し た。

同総裁はウィーンで、「アジア諸国、特に中国はドルと自国通貨 のペッグ(連動)を維持するために外為市場に大々的に介入してきた。 これがユーロに影響している」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE