コンテンツにスキップする

中国株(終了):上昇、金融や自動車株が高い-上海指数は3週連続高

中国株式相場は上昇。週間ベース では上海総合指数が3週連続高となった。金融や自動車株が高い。景 気回復を確実にするため、中国政府が景気刺激策を継続するとの観測 が手掛かりとなった。

不動産大手の万科企業(000002 CH)は1%高。政府が住宅購入者 向け支援を延長する可能性があるとの証券時報の報道が好感された。 自動車メーカーの金杯汽車(600609 CH)も10%上昇。政府が自動車 の販売促進策を継続する方針だと財経誌が報じたことが手掛かりとな った。招商銀行(600036 CH)は、銀行監督当局が減資に関する規制を 緩和したと21世紀経済報道が伝えたことを受けて4.5%値上がりした。

チャイナ・インターナショナル・ファンド・マネジメントのスト ラテジスト、張秀奇氏(上海在勤)は「景気刺激策を政府が来年に打 ち切るとはみておらず、現段階で株価は依然上昇の余地がある」との 見方を示した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動し ている上海総合指数は前日比56.44ポイント(1.9%)高の3107.85 と、8月13日以来の高値で終了。今週は4.4%値上がりした。上海、 深セン両証取のA株に連動しているCSI300指数は前日比2%高の

3413.25。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE