コンテンツにスキップする

米NJ州:ゴールドマンに毎月100万ドル-スワップ契約の「落とし穴」

米ニュージャージー州は、 ゴールドマン・サックス・グループが運営する合名会社に、毎月 約100万ドル(約9200万円)を支払っている。州の借り入れに ついて金利上昇の影響を回避するための料金なのだが、この債務 は1年以上前に返済しており、「存在しない」債券に関連して料 金を支払っていることになる。

マッグリービー前知事時代の2003年に、同州の交通信託基 金は3億4500万ドルの入札方式証券(ARS)を発行した。A RSの利払いは短期金利の動向に沿って変動するため、州当局は 金利上昇に備えスワップ契約を購入した。

ニュージャージー州は08年に、ARS市場が凍結状態にな ったことからこのARSを償還し、固定利付債で借り換えた。し かし、変動金利を固定金利に取り替えるスワップ契約は19年ま でとなっている。

米地方債規則制定委員会(MSRB)の元執行役員、クリス トファー・テーラー氏は「金利スワップ契約のリスクを示す事例 だ」として、「交通信託基金のように十分に知識のある投資家で さえ、愚かな行動を取ってしまうことがあることを世界中が認識 すると良い」と話す。

州はこの契約に基づいて先月、94万ドルを支払った。AR Sを償還した後の支払い総額は1140万ドルになっている。この 間に借り入れは上限に達し、税収減に悩むコーザイン現知事(ゴ ールドマン出身)は4億ドルの歳出削減を図っている。

短期金利が予想に反して低下したことから、スワップ契約の 解消のために数億ドルを支払う自治体や大学が全米で出ている。 ハーバード大学は先週、契約解消のために複数の投資銀行に計4 億9760万ドル を支払ったことを明らかにした。

ニュージャージー州ではスワップ契約のおかげで、問題の3 億4500万ドルの債務の利払い費用は合計で7.8%と、交通信託 基金が設立された1985年以来で最高になっているという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE