コンテンツにスキップする

TOPIX午後崩れ続落、再建問題不安で日航や銀行株安い-業績選別

週末の日本株相場は、TOPIX が終盤に崩れて続落。銀行団の一部が普通株式の減資を実施すべきとの 認識を政府に伝えていた、と一部メディアで報じられた日本航空を中心 に空運株が下落。日航再建問題の先行き不安から、三菱UFJフィナン シャル・グループなど銀行株も午後じり安となった。

半面、大和ハウス工業や東急不動産、三井造船、新基本ソフト「ウ ィンドウズ7」の発売も刺激材料となったワコムなど業績の増額修正銘 柄が買われ、来週からの企業決算の発表本格化を前に、収益トレンドに よる選別買いの動きが相場全般を下支えした。

TOPIXの終値は前日比6.57ポイント(0.7%)安の902.03。半 面、日経平均株価は同15円82銭(0.2%)高の1万282円99銭と小幅 に反発。東証1部の業種別33指数は、上昇が7業種にとどまり、26業 種が安い。

ちばぎんアセットマネジメントの安藤富士男専務は、「好決算を発 表しても上昇は1日限りで長くは続かない。景気が二番底を付けるので はないかという懸念があり、景気の先行きが警戒されている。このため 投資家はどうしても慎重になる」と話していた。

週末の日本株相場は、午後中ごろまで方向感に乏しい展開が続き、 取引終了にかけて徐々に売りに押された。前日の米国では、保険のトラ ベラーズなど市場予想を上回る決算発表が相次ぎ、米企業の業績動向に 安心感が広がったが、日本株を押し上げる追い風にはならなかった。T OPIXは上昇して始まったものの、午後に下落転換。東証1部の騰落 銘柄状況は値下がり957に対し、値上がり566だった。

民主政策に慣れず、頼みの好業績株

日興コーディアル証券の大西史一シニアストラテジストによると、 「日本独自の影響から、日本株だけ世界から取り残されている。民主党 政権になり、政策運営の先行きが見えにくく、マーケットは民主党にま だ慣れていない」という。

こうした中、足を引っ張ったのが日本航空と銀行株。日経テレコン はきょう午後、日航の経営再建をめぐり、銀行団の一部が普通株式の減 資を実施すべきとの認識を政府に伝えていたと報じた。再建問題に対す る不透明感が広がり、日航株は一段安となり、空運指数が東証1部の業 種別33指数の下落率トップ。大手銀行株も下げを広げ、銀行指数はT OPIXの下落寄与度1位。

全体相場が方向感に欠けるなか、投資資金は業績面で好材料の出た 銘柄に向かった。ハザマや新神戸電機、ハウス、東急不、協和発酵キリ ン、宇部興産など7-9月期の業績が従来計画を上回った銘柄が上昇。 こうした銘柄がけん引し、業種別33指数の値上がり率上位には食料品 や建設指数が入った。新神戸電の業績上ぶれが刺激し、ジーエス・ユア サコーポレーション、古河電池、明電舎など環境関連銘柄も散発的に買 われた。

ワコムが急騰

個別では、大和証券SMBCが投資判断を「3(中立)」から「2 (アウトパフォーム)」に引き上げたワコムが急騰。4-9月期の連結 営業利益が従来計画比63%増の26億円となったもようの日本ペイント も大幅高。野村証券が22日に投資判断を「3(ウエート下げ)」から 「1(買い)」に引き上げた住生活グループは続伸。

半面、長期金利の上昇を背景に、利払い負担懸念から電力・ガス株 が下落。建設用クレーンの新車需要が国内外で激減、10年3月期の連 結純利益が前期比96%減の2億円にとどまる見通しとなったタダノが 大幅安。企業の広告費削減などから10年3月期の業績予想を下方修正 した共立印刷が大幅安となった。

新興市場はまちまち

国内の新興3市場は高安まちまち。東証マザーズ指数は前日比

1.1%高の448.62、大証ヘラクレス指数が同1%高の592.51と上昇した が、ジャスダック指数は同0.6%安の49.01と反落。

個別では、10年3月期の業績予想を下方修正したそーせいグルー プがストップ安(値幅制限いっぱいの下落)。景気悪化による投資抑制 の動きが響き、10年3月期の業績予想を下方修正した鉱研工業が大幅 反落。これに対し、4-9月期の連結最終損益が従来予想の赤字から一 転して黒字化したもようのタカラバイオが3日ぶりに反発した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE