米下院デリバティブ法案:「抜け穴」指摘受け修正、政府案に近づく

米下院金融委員会は、592兆ドル 規模の店頭デリバティブ(金融派生商品)市場を対象とした規制法案 を修正した。これに対し、オバマ米政権は評価する姿勢を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。