外国人は実質大幅な売り越し姿勢、円高で持ち高整理-9月5週需給

東京証券取引所が8日発表した 9月第5週(9月28日-10月2日)の投資主体別売買動向(東証、 大証、名証の1・2部合計)によると、外国人が2週ぶりに買い越し た。現物では186億円の小幅買い越しながら、先物市場では大幅な 売り越しで、現物と先物を含めた実質ベースでは売り越しスタンスと なっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。