印ブルハティと南アMTNの合併交渉が決裂、南ア政府が反対

インド最大の携帯電話事業者、 ブルハティ・エアテルは30日、南アフリカの同業MTNグループ と進めていた合併交渉の打ち切りを発表した。交渉決裂は過去2年 間で2度目となる。南アフリカ政府がブルハティの提示した230億 ドル(約2兆577億円)規模の合併案は受け入れられないと拒否し たのが理由。

両社による独占的な交渉期間が30日に期限を迎え、ブルハティ は交渉再開を求めている。

ブルハティは5月25日、MTN株1株につき86南アフリカ・ラ ンドの現金とブルハティ株0.5株を提供しMTN株49%を取得し、MT Nと同社株主がブルハティ株36%を獲得する合併案を提示した。ブルハ ティは当時、合併規模は230億ドルを上回ると予想していた。

南アフリカ共和国のヌヤンダ通信相は30日、政府はMTNが南 アフリカ企業として国内経営陣の下で存続することを望むと述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE