PIMCOキーセル氏:デフォルトは高止まり、高品質の優先債購入を

債券ファンド大手、米パシ フィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)は30 日、高品質の社債を推奨した。米経済の成長の弱さを背景とした デフォルト(債務不履行)率高止まりを指摘した。

PIMCOの社債ポートフォリオ担当グローバル責任者、マ ーク・キーセル氏は同社のウェブサイトに掲載したリポートで、 与信環境の緩和や企業のコスト削減、「前例のない政策からの支 援」による景気回復でデフォルト率が低下しても、個人消費の弱 さを背景とした低い成長率や償還期限を迎える債務の多さから、 デフォルト率は中長期的に過去の平均を上回って推移すると予想。 「投資適格級と高利回り債の両方で、えり抜きの企業の質の高い 優先債を購入するのが有望な戦略のようだ」と書いている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE