グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場 の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は下落。新規株式公開(IPO)銘柄の大幅下落 が地合いを悪くした。中国政府がガソリンとディーゼル油の価格を引 き下げたことも石油精製銘柄の重しとなった。

物流拠点運営の中国の華南城(1668 HK)は上場初日の取引で 23%安と急落。アジア最大の製油会社、中国石油化工(Sinop ec、386 HK)と中国最大の石油会社ペトロチャイナ(中国石油、 857 HK)はそれぞれ1.4%と1.6%下げた。

ハンセン指数は前日比57.92ポイント(0.3%)安の

20955.25。前月末比では6.2%高。四半期ベースでは14%上昇だ った。ハンセン中国企業株(H株)指数は前日比1.1%下げ

11858.15。

【中国株式市況】

中国株式相場は、10月1日からの国慶節の連休を前に上昇した。 中国人民銀行(中央銀行)が景気回復を下支えするため「適度に緩和 的な」金融政策を維持すると表明したことが背景。

時価総額で中国2位の不動産会社、保利房地産集団(600048 CH)は3.3%高。人民銀が29日に内需押し上げのための景気刺激策 を継続する方針を示したことが好感された。銅生産で同国最大手の江 西銅業(600362 CH)は4.7%高。この日発表された9月のHSB C中国製造業購買担当者指数(PMI)が6カ月連続の生産活動拡大 を示したことが手掛かり。中国アルミ(チャルコ、601600 CH)は

3.1%高。製品を3.9%値上げしたことが材料となった。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動し ている上海総合指数は、前日比24.89ポイント(0.9%)高の

2779.43。上海、深セン両証取のA株に連動しているCSI300指 数は同32.52ポイント(1.1%)高の3004.80だった。中国株式市 場は1-8日が休場となる。

広発基金管理の資産運用担当者、陳仕徳氏(広州在勤)は「一部 の投資家は力強い経済指標が発表されると見込み、連休を前に株式を 購入している」と指摘。「9月の経済指標は良好となる見通しで、短 期的に株式投資からプラスのリターンを得られる可能性は高い」との 見方を示した。

【インド株式市況】

インド株式相場は続伸し、センセックス30種株価指数は1年4 カ月ぶり高値を付けた。インド財務省のチーフ経済アドバイザー、ア ルビンド・ビルマニ氏が今会計年度(2009年4月-10年3月)の 同国経済成長率が7%になるとの見通しを示したことを受け、金融株 が上げを主導した。

インド最大の銀行、インドステイト銀行は4.9%高となった。ビ ルマニ氏は29日、法人税収の増加はインドが世界的なリセッション (景気後退)の悪影響から脱し始めたことを示唆していると語った。 国有石油探査会社、オイル・インディアは上場初日の取引で8.7%上 昇した。

ボンベイ証券取引所のセンセックス指数は前日比273.93ポイ ント(1.6%)高の17126.84と、昨年5月21日以来の高値で引け た。7-9月期は前期末比で18%上昇し、2007年10-12月期以降 で最長となる3期連続高となった。

インドステイト銀(SBIN IN)は2194.95ルピーと、昨年2月 20日以来の高値を付けた。オイル・インディア(OINL IN)は

1141.20ルピーで終了。同銘柄の新規株式公開(IPO)価格は 1050ルピー、初値は1105ルピーだった。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比9.5ポイント(0.2%)安の4743.6。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比16.91ポイント(1%)安の

1673.14。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比79.19ポイント(1.1%)高の7509.17。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比9.26ポイント(0.4%)高の2672.57。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサマレーシアKLCI指数は前日比6.13ポイン ト(0.5%)安の1202.08。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比1.78ポイント(0.3%)高の717.07。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比23.76ポイント(1%)高の

2467.59。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比6.50ポイント(0.2%)安の

2800.82。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE