インド株(終了):センセックス指数、続伸-景気見通しで金融株高い

インド株式相場は続伸し、セン セックス30種株価指数は1年4カ月ぶり高値を付けた。インド財務 省のチーフ経済アドバイザー、アルビンド・ビルマニ氏が今会計年度 (2009年4月-10年3月)の同国経済成長率が7%になるとの見 通しを示したことを受け、金融株が上げを主導した。

インド最大の銀行、インドステイト銀行は4.9%高となった。ビ ルマニ氏は29日、法人税収の増加はインドが世界的なリセッション (景気後退)の悪影響から脱し始めたことを示唆していると語った。 国有石油探査会社、オイル・インディアは上場初日の取引で8.7%上 昇した。

ボンベイ証券取引所のセンセックス指数は前日比273.93ポイ ント(1.6%)高の17126.84と、昨年5月21日以来の高値で引け た。7-9月期は前期末比で18%上昇し、2007年10-12月期以降 で最長となる3期連続高となった。

インドステイト銀(SBIN IN)は2194.95ルピーと、昨年2月 20日以来の高値を付けた。オイル・インディア(OINL IN)は

1141.20ルピーで終了。同銘柄の新規株式公開(IPO)価格は 1050ルピー、初値は1105ルピーだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE