ECB副総裁:中期的なインフレ抑制姿勢を維持、物価安定が第一目標

欧州中央銀行(ECB)のパパデ モス副総裁は30日、ECBが中期的にインフレ抑制に集中する姿勢を 維持すると述べた。

同副総裁はスウェーデンのイエーテボリでの会議で、「金融政策は 金融市場の行き過ぎと市場の不均衡に立ち向かう役割を果たすことが できる」と発言。その上で、「金融政策の第一目標は引き続き物価安定 の維持だ」との考えを示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE