財務相:円高について日本側から発言することない-G7

藤井裕久財務相は30日午後の記者 会見で、今週末にトルコのイスタンブールで開かれる7カ国財務相・ 中央銀行総裁会議(G7)の議題について「世界経済の問題の現状を 話し合い、共通を持つと同時に、各国が協調しながら経済運営を進め ていくという合意を得る会議だ」と語った。また、G7で円高傾向に ついて発言することは「ありません」と否定した。

一方で、藤井財務相は同会議で「政権交代後、外需主導から子ど も手当など内需主導へ大きく転換した経済運営の方針の違いについて 説明したい」と述べるとともに、「その上に立って国際協調を必ずや ると申し上げたい」との考えを明らかにした。

世界経済を話し合う主要会合が主要8カ国(G8)から20カ国・ 地域(G20)に代わることでG7の存在感が疑問視されていることに 対しては「G7の役割はG20があっても大事だ。特に金融市場を持っ ていることなど共通点があり、存在価値は必ずある。その上に20カ国 が集まるということで両方に意味がある」との認識を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE