平野官房長官:削減目標達成に必要なコストなど再試算(Update1)

平野博文官房長官は30日午後の会 見で、12月の国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15) までに地球温暖化対策の具体的な手法や、削減目標の達成に必要なコ ストの試算などについて取りまとめるとの見解を示した。

この方針は、鳩山由紀夫首相がきょう官邸で開催した地球温暖化 問題に関する閣僚委員会で確認された。平野氏によると、各省を横断 的にまたぐ作業チームを創設し、2020年までに温室効果ガスの排出を 1990年比で25%削減するという中期目標の達成に必要な家庭負担な どについて試算するという。

25%の削減は1世帯当たり年間36万円の負担増とした麻生前自 民党政権が示した試算について、平野氏は「過去どうやって試算した かの分析もするが、改めて我々で積み上げていきたい」と強調した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE