豪ドル:上昇、一時1年1カ月ぶり高値-豪小売売上高などに反応

30日の外国為替市場では、オース トラリア・ドルが昨年8月以来の高値に上昇。オーストラリア準備銀 行(中央銀行)が11月にも利上げを実施するとの観測が強まった。

ニュージーランド(NZ)経済のリセッション(景気後退)脱却 を受けて9月のNZ企業景況感が改善したことを材料に、NZドルは 月間ベースで2004年以降で最長の続伸となる勢い。豪ドルも、11月 に豪州で利上げが実施される確率を金利先物の動きが80%以上と示 していることから、月間で少なくとも過去26年間で最長の上げとなる 見通し。

豪ウエストパック銀行の為替ストラテジスト、ジョナサン・キャ ブナー氏は、「市場は豪小売売上高に注目していたが、非常に力強い結 果となった」と指摘。「市場は豪中銀の11月の金利変更をほぼ織り込 み済みであり、これが豪ドルにプラスとなっていることは確かだ」と 説明した。

豪ドルはシドニー時間午後零時55分(日本時間午前11時55分) 現在、米ドルに対し1豪ドル=0.8804米ドルを付けた。ニューヨーク 時間前日は0.8703米ドル。8月31日からは4.3%高となっており、 少なくとも1983年以降で最長となる8カ月連続高となりそうだ。対円 では前日比0.6%高の1豪ドル=78円90銭。

NZドルは米ドルに対して前日比1%高の1NZドル=0.7213 米ドルと、7カ月連続の上昇に向かっている。対円でも1NZドル= 64円67銭に上昇した。

ANZナショナル銀行が30日発表したリポートによれば、NZで 今月調査対象となった企業の差し引き32.2%が向こう1年の増収増 益を予想。先月のこの割合は26%だった。

オーストラリア統計局が同日発表した8月の小売売上高は前月比

0.9%増加した。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予 想の中央値は0.5%増だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE