自工会:8月の国内生産は前年比26%減-11カ月連続減

8月の国内四輪車生産台数は、11 カ月連続のマイナスだった。同月の国内販売は前年並みまで回復したも のの、輸出が引き続き大きく落ちこんでいるため。

日本自動車工業会(自工会)が30日発表した同月の国内四輪車生 産台数は前年同月比26%減の57万1787台だった。減少率そのものは 2月の56%減を境に6カ月連続で縮小している。

また同月の四輪車輸出台数は、同45%減の27万5186台で11カ 月連続して前年実績を下回った。中近東向けが同66%減となるなどほ ぼ全地域で引き続き前年実績を割り込んでいる。なお、8月の国内新車 総販売台数は同0.5%減の30万8552台だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE