欧州委のクルス委員:ロイズはリテール市場の競争上の懸念に対処を

欧州連合(EU)の行政執行機関、 欧州委員会のクルス委員(競争政策担当)は29日、英政府による金融 大手ロイズ・バンキング・グループの再建計画に関連し、ロイズのH BOS買収によって生じたリテール・バンキング市場の競争上の懸念 に対処する必要があると語った。

クルス委員はブリュッセルの欧州議会で、「消費者や支援を受け ていない競合他社が不利益を被る格好で、市場の集中が既に進んでい る。政府支援によってロイズが市場での支配的地位を固め、強化する ことが決してないようにする必要がある」と訴えた。

同委員は、ロイズによるHBOS買収について、「ハリファック ス救済のための大規模な政府支援」の実施が条件だったと指摘した。 英政府のロイズへの出資額は現在、145億ポンド(約2兆円)に上る。

同委員はまた、HBOS買収によって、ロイズがリテールおよび 中小企業向け市場でシェアを高めたと説明。欧州委としては、この市 場における地位が、支援を受けなかった金融機関に勝る不当な優位性 をロイズに与えることがないよう確実に対処する必要があると強調し た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE