ノーベル賞受賞のスペンス氏:米景気低迷で株価調整も

ノーベル賞受賞者のエコノ ミスト、マイケル・スペンス氏は29日、米国の景気動向は株価 に反映されているよりも恐らく低迷しており、株価には調整のリ スクがあるとの認識を明らかにした。同氏は米スタンフォード大 学経営大学院の名誉教授。

スペンス氏はクアラルンプールでインタビューに応じ、市場 は米経済の「短期的な安定や新芽を織り込んだ上に、さらに過剰 な解釈をしている」と指摘。「現在の資産価格を見ると、米経済 の基調が思ったよりもはるかに低迷しているようだ」と説明し た。一方、米経済にリスクは残っているものの、「2番底」の公 算は小さいとの見方を示した。

同氏によれば、バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB) 議長ら金融当局者は、経済の隅々まで信用が行き渡り、完全に機 能していることを「相当に確信」した時点で政策金利の引き上げ に踏み切るとみられる。同氏は「行動を起こす時期を当局が事前 に決定してはいないだろう」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE