9月英消費者信頼感:14年ぶり大幅上昇-楽観見通し強まる

英調査会社GfK・NOPが30 日発表した9月の英消費者信頼感指数は1995年以来最大の上昇とな った。英景気見通しに関する楽観論が回復しているという。

電子メールで配布した資料によると、同指数はマイナス16と、前 月のマイナス25から改善し、2008年1月以来の高水準に達した。今 後1年間の経済状況への信頼感を示す指数は13ポイント上昇してプ ラス4と、約10年ぶりの高水準。

GfKの社会調査担当マネジングディレクター、ニック・ムーン 氏は発表文で、「心理的に重要なのは、1年余りにわたってマイナス圏 にあった向こう1年間の個人の財務状況への信頼感と今後1年間の経 済全般に対する信頼感の両方が、プラスに転じたという事実だ」と指 摘した。

今後1年間の個人の財務状況を示す指数は5ポイント上昇してプ ラス5となった。高額な買い物に関する指数は11ポイント上昇してマ イナス15。GfKは4日から13日にかけて1999人を対象に調査した。

ポンドの対ドル相場は同統計発表後に続伸。ロンドン時間午前8 時49分(日本時間午後4時49分)現在は1ポンド=1.6058ドルで取 引されている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE