米小売業の格付け見通しを「ステーブル」に引き上げ-ムーディーズ

米格付け会社ムーディーズ・イン ベスターズ・サービスは29日、米小売業界の格付け見通し(アウトル ック)を「ネガティブ(弱含み)」から「ステーブル(安定的)」に 引き上げた。今後12-18カ月の信用状態の安定を理由に挙げている。

同社は発表文で、小売業者は個人消費が弱い環境に対応する形で、 コスト削減に成功したと説明。ディスカウント店やスーパーマーケッ ト、ドラッグストアは強さを示し、百貨店と専門店チェーンについて も利益に対する圧力が和らぎ、信用への影響が緩和される公算が大き いと分析した。

ムーディーズは、消費者が今後も債務の返済と貯蓄を優先するた め、小売業の弱い景況の改善は難しいとみている。失業の増加が家計 を圧迫する中で、米民間調査機関コンファレンス・ボードが29日発表 した9月の消費者信頼感指数は53.1と、前月の54.5(改定値)から 予想外に低下した。

ムーディーズの上級クレジットオフィサー、マーガレット・テイ ラー氏は「小売業の状況は安定していると考えているが、極めて弱い 水準での安定だ」と指摘。「消費者は高い失業率と住宅価格の値下が り、分割払い利用可能枠の減額など、なお多くの圧力に直面している」 と述べた。

-- With assistance from Shobhana Chandra in Washington. Editors:James Callan, Andrea Snyder

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: Cotten Timberlake in Washington at +1-202-654-1286 or ctimberlake@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Jennifer Sondag at +1-212-617-2716 or jsondag@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE