8月鉱工業生産指数は前月比で6カ月連続上昇、約12年ぶり

8月の日本の鉱工業生産指数は、 鉄鋼、輸送機械などが寄与し、約12年ぶりに前月比で6カ月連続の上 昇を記録した。アジア向けを中心とした輸出の回復や経済刺激策の効 果により、企業の生産活動は持ち直しが続いている。

経済産業省が30日発表した8月の鉱工業指数速報(季節調整済み、 2005年=100)によると、生産指数は前月比1.8%上昇し、84.1とな った。6カ月連続上昇は1996年4月から97年3月までの12カ月間に 次ぐ長さ。前年同月比では18.7%低下と、11カ月連続のマイナス。経 産省は生産の基調について「持ち直しの動きで推移している」とし、 前 月の判断を据え置いた。

世界経済は、各国による大規模な景気刺激策や超金融緩和策など により最悪期を脱した。国際通貨基金(IMF)は、世界経済が今年 中に成長を再開し、2010年は約3%成長すると予測している。これは 日本の輸出や生産にとって追い風となる一方、足元では円高懸念がく すぶる中、生産の持続的に回復には不透明感が残る。

日本政策投資銀行調査部の鈴木英介調査役は発表前に「自動車購 入支援策等の各国政策支援や流通段階も含めて在庫調整が進展したこ となどから、生産の持ち直しが続いている」と指摘。その上で、「各国 政策効果の一服や円高の進行が輸出に与える影響等、懸念材料も増え つつある。鉱工業生産は今後、伸びが鈍化していくものの、緩やかな がらも持ち直し基調が続くだろう」とみる。

ブルームバーグ・ニュースのエコノミスト調査では、生産指数の 予想中央値は前月比1.8%上昇、前年同月比は18.8%低下だった。出 荷指数は前月比1.0%上昇し、在庫指数は同横ばいだった。

予測指数

同省が同時に公表した製造工業生産予測指数によると、9月は前 月比1.1%上昇、10月は同2.2%上昇となった。生産指数は今年2月 を底に3月以降上昇に転じている。4-6月期では前期比8.3%上昇 と、1953年4-6月期に記録した過去最高の8.9%上昇に次ぐ2番目 の上昇率となった。

統計発表後の東京外国為替市場の円の対ドル相場は午前9時10 分現在、1ドル=90円27銭。発表直前は同90円12銭近辺で推移し ていた。同時刻現在、東京株式市場の日経平均株価は前日比29円75 銭高の1万0129円95銭。債券相場では東京先物市場の中心限月12 月物が同2銭安の139円35銭。

ドイツ証券の安達誠司シニアエコノミストは、「9、10月の製造 業生産予測指数の結果が、生産のV字型回復から巡航速度に沿った緩 やかな回復への転換点を示唆するか否かが注目される」としていた。

政投銀の鈴木氏は、生産の先行きについて「輸出の行方と国内需 要がポイントとなる」と指摘。輸出は「米国経済が7-9月期以降プ ラス成長に転じるとみられており、底入れしつつあることが明るい材 料だ」とする一方、国内需要は「民主党の家計重視の施策が個人消費 の持ち直しに寄与する可能性も見込まれるが、09年度内に限れば、公 共工事の一部執行停止等、マイナスの影響の方が大きい可能性がある」 としている。

8月の貿易統計確報を基に、内閣府が独自に試算した輸出数量(季 節調整済み)は前月比6.1%上昇した。内訳は対米が同4.6%上昇、対 欧州が同0.3%低下、対アジアが同10.2%上昇となった。輸出数量の 動向は、生産と関連が深いとみられている。

ただ、国内企業がここにきて海外生産を増やしていることが、輸 出鈍化につながるとの見方もある。トヨタ自動車の8月の海外生産は、 13カ月ぶりに前年を上回った。輸出がほぼ全地域で減少するなど国内 生産が前年を割り込む一方、北米や中国での生産が増えた。

--取材協力:小松哲也 Editor:Masaru Aoki,Hitoshi Ozawa

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 伊藤辰雄 Tatsuo Ito +81-3-3201-3655 tito2@bloomberg.net

To contact the reporter on this story: Jason Clenfield in Tokyo at jclenfield@bloomberg.net; 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo yokubo1@bloomberg.net シンガポール    Michael Dwyer mdwyer5@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE