台湾総統の賭け、緊張緩和を成長の起爆剤に-企業本土進出後押し

【記者:William Mellor】

(ブルームバーグ):台湾のスナック食品メーカー、中国旺 旺の朱紀文氏(44)は、最高財務責任者(CFO)の仕事を中 断して木枠作りの役員室にたたずみ、歴史の移り変わりを驚きと ともに振り返っている。

60年前、中国の国共内戦で敗れた蒋介石氏率いる国民党軍 の将校だった朱氏の父は、蒋介石氏が台湾に逃亡した際、毛沢東 氏の中国共産党軍に中国本土で捕らえられ、負傷した。国民党軍 の1万人もの生き残りが、ゴールデン・トライアングル(黄金の 三角地帯)と呼ばれるビルマ(現ミャンマー)とラオス、タイの 麻薬生産地帯に入り、多くがヘロインの売人となった。「父がと どまっていれば、わたしも麻薬取引をやっていたことでしょう」 と朱氏は話す。

共通の文化、言語の強み

朱氏の父はそうはせずに台湾に渡り、そこを家族の故郷とし た。朱氏は現在、父が逃れたその台湾で暮らし、中国旺旺のCF Oとして働く。台湾の資産家、蔡衍明氏が最高経営責任者(CE O)を務め、34の工場を経営する同社は、昨年の売上高15億 3000万ドル(約1364億円)の90%余りを中国本土で稼ぎ出す 世界最大のライスクラッカー(せんべい)メーカーに成長を遂げ ている。

朱氏は「われわれには共通の文化と言語、祖先がある。極め て友好的な政治情勢が続く限り、わが社は世界最大の食品・飲料 メーカーに躍進するたぐいまれなチャンスに恵まれている」と説 明する。

台湾の馬英九総統は、中国旺旺をはじめ、中国本土で事業を 展開する10万社もの台湾企業の妨げとなっていた投資や人的往 来の障壁緩和を推進している。一方、総統が中国の胡錦濤国家主 席の術中にはまっていると批判する反対者は、この動きに反発し ている。

馬総統は2008年5月に就任して以後、1949年の分断後初 めての航空・海運の直行便、直接郵便の解禁を進めてきた。中国 側も台湾の旅行業者に対する規制を緩和しており、銀行、保険、 証券業界への中台間の投資も自由化が進展している。

馬総統は台湾経済の富を世界でも屈指の成長ペースを続ける 中国経済と結び付けることで、台湾をリセッション(景気後退) から脱却させることができると期待している。

オランダほどの規模の台湾経済は過去最悪の景気下降に苦し み、今年1-3月(第1四半期)の域内総生産(GDP)伸び率 はマイナス10.1%と、52年の統計開始以来で最も悪い数字とな った。4-6月(第2四半期)はマイナス7.54%とわずかなが ら改善を見せたが、8月の失業率は過去最高の6.07%に上昇し、 GDPの70%を占める輸出は今年21%減少すると見込まれてい る。8月に600人余りの人命を奪い、33億ドルもの損害をもた らした台風の被害が状況を一段と悪化させている。

中国の術中にはまる危険

中国の指導者は、自国の一部と見なす台湾を最終的に中国政 府の支配下に置く手段として、経済統合を利用するのではないか との批判もある。しかし、中台間の緊張緩和はこれまでのところ 投資家に支持されている。

台湾証券取引所の加権指数は08年に46%急落した後、今年 は9月29日時点で年初来62%の上昇。これは香港株式市場のハ ンセン指数の上昇率(46%)を上回る。台湾証取のデータによ れば、外国人の台湾株投資は昨年144億ドルの純流出となった が、今年は9月29日までに110億ドルの資金が流入している。

台湾証取は、中国本土向け投資が総資産の40%を上回る企 業による資金調達を解禁し、中国旺旺は台北市場で株式公開に踏 み切る最初の企業となった。4月27日から9月29日の同社株 の上昇率は香港市場で17%だったのに対し、台北市場ではその 倍以上の39%に達した。

捲土(けんど)重来を期して

ソーンバーグ・インベストメント・マネジメントで台湾株を 含む440億ドルの資産運用に携わるウォン・レイ氏は「友好的 な中台関係は、台湾企業が中国市場にさらに浸透するのに伴い、 台湾企業にとって長期的かつより良好なビジネス環境をつくり出 すことに寄与するだろう」と期待する。

馬総統は、台湾をアジアの新興工業国・地域の一角に押し上 げた成長の推進力に再び火を付ける必要がある。中国旺旺の朱氏 や同じ考えを持つ企業家に対し、父親たちが戦って敗れた中国本 土への進出を総統は促しているが、台湾が中国の政治的手中に落 ちることなく、本土との経済関係を築く賭けに出ているともいえ るだろう。

With assistance from Tim Culpan, Weiyi Lim, Janet Ong and Chinmei Sung in Taipei and Dune Lawrence in Beijing.

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 内田良治 Ryoji Uchida +81-3-3201-3396 ruchida2@bloomberg.net Editor:Eiji Toshi、 Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: William Mellor in Hong Kong at +852-2977-6613 or wmellor@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: William Mellor in Hong Kong at +852-2977-6613 or wmellor@bloomberg.net;

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE