鳩山政権、円高招いたことが初の政策ミス-ブルーゴールドのジェン氏

ブルーゴールド・キャピタル・マ ネジメントのマネジングディレクター、スティーブン・ジェン氏は、 今月発足した民主党の鳩山政権について、外国為替市場に「介入しな い方針」を宣言することで、最初の政策上のミスを犯したとの見解を 示した。

藤井裕久財務相が先週24日、外為市場への安易な介入は支持しな い考えを示したことを受け、28日に円は対ドルで8カ月ぶりの高値に 上昇した。藤井財務相は29日の記者会見で、「円高是認とはひと言も 言っていない」と述べた。

ジェン氏は29日付の顧客向けリポートで、「挑発されていないの に発せられた日本政府高官の発言は、急激な円高という問題を引き起 こした」と指摘。「その後の釈明は、さらに混乱を招いただけだった。 雇用を創出する日本企業が困難に直面しているときに、国民にエルメ スのバッグを買うよう奨励することが、どのように日本の国益になる のか不明だ」と記した。

ジェン氏は元モルガン・スタンレーのグローバル為替リサーチの 責任者。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE